妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群で大変な思いをしました

私は普段血圧はとても標準で、健康診断ではいつも健康だと言われてきました。
しかし妊娠中、4カ月に入った頃から突然血圧が急上昇してしまいました。

 

妊娠中の高血圧は非常に危険なものとされています。特に胎盤が形成された妊娠中期からの発症は、妊娠に順応できない体と考えられているため、母子ともに非常に危険な状態だとされています。

 

しかしその原因が未だ解明されていないというのが一番怖い事実でした。

 

医者には改善しなければならないと言われるものの、薬でもなかなか下がらないため、とにかく食事を改善することにしました。

 

冬だったこともあり、鍋にたっぷりの野菜を入れた水炊きをすることにしました。鍋自体には塩分が全く入っていないためとても健康的な食事といえますが、やはり味気がなく、食べた気がしませんでした。そこでポン酢だけをかけて食べることにし、なんとか続けることができました。

 

そのおかげで、多少ですが血圧は低くなり、体重もそのままを維持することができました。

 

しかし実際陣痛が起り、分娩室で力んでいる最中に、血圧が上昇し、上が200までいってしまい大変な騒ぎとなってしまいました。無事、子供は出産できたものの、出た直後に私が意識不明となってしまい、危険な状態となってしまいました。

 

2時間後には無事目を覚ましましたが、妊娠中の高血圧がどれほど危険なものなのかを体験しました。
【23歳・女性】